FC2ブログ
穏やかに晴れた3月21日(月)、仲間と3人で季節外れの麦ふみをしました。

到着時の10時、気温は12℃ありました。畑に出ると赤城からの吹き下ろしがあって、ちょっと小寒く感じはしましたが、小麦を踏んでいると直ぐに体が温まります。気持ちのよい大きく開けた畑に3人、談笑しながら行ったり来たりの1時間半。長閑に楽しく、けれど大事な仕事をしました。
麦を踏む伊藤さんと川口
私たちの蒔いた麦 踏む前 私たちの蒔いた麦 踏んだ後
麦畑のテントウムシ
一仕事終えてから、河原に行きました。ご年配の方々や家族連れがフィールドゴルフに興じている芝生を過ぎ、川へ降りていく階段のところに陣取り、菜の花の向こうにせせらぎを聴きながら、お昼をいただきました。風は無く、陽だまりに座っていると、ぽかぽかと温まってきます。春のぬくもりに体も心もまったりと抱きかかえられ、何とも心地よい一時でした。
河原でランチ 菜の花と神流川
午後は、草取りです。三角鍬を使って、これから伸びようとする草を退治していきます。この後管理機を掛けますが、人の手を使って摘み取っておくと、随分と先の作業の手間が省けるそうです。

連休の最終日であり、初めて参加された方もいたので、早めの15時半で作業を切り上げ、家路につきました。関越道が断続的に渋滞していたので、高坂まで下を走り、そこから大泉まで高速に乗り、帰りは3時間の道中でした。

行きは、1時間10分。この時間差をどうするか、管理者は宿題をもらったような感じです。

ともあれ、2度の麦ふみを終え、私たちのプロジェクトは確実にスタートしました。課題は多々ありますが、そこに居るだけで清々しい気分になる農地に立つことは、それだけで喜びです。更に、可憐な花を見、ヒバリの鳴く声を聴き、季節季節の表情を追うことが楽しみに加わりました。

畑の隣には、蓮華草でしょうか、紫の花が沢山咲いていました
紫の花アップ@藤岡_20160321 213×160 陽光にきらめく神流川
畑から歩いて直ぐの神流川は、陽射しをきらきらと返していました
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/388-5645fa9b