FC2ブログ
4月、群馬県藤岡市に家を借りました。

2月に畑を藤岡に移し、暫く東京から通ってみましたが、頻繁に畑に出向くことにはどうしても無理があります。また、お金が無いので出費は避けたいのですが、自分たちが藤岡にコミットしていることを示す必要もあり、畑の近くに家を借りました。畑から車で5分程のところです。歩いたら、25分程でしょうか。

東京(都市)と農地を結ぶ仕組み作りであり、家族との生活もあるため、当面は、群馬と東京と半々ぐらいの二拠点生活となります。

4月7日(木)が、初日でした。一日の作業を終え、かき菜を少々切り取って持ち帰り、お米と味噌と鶏舎の鶏が生んだ卵をいただき、食事をしました。自分が育て、作ったものではありませんが、そこで出来たもので食事をするというのはちょっと嬉しい、新鮮な経験でした。瑞々しいかき菜はプリッと艶と張があり、極めて美味でした。
かき菜 取ったかき菜
フライパンのかき菜 炒めたかき菜と目玉焼き
事務所兼塒として使いますが、これから募集する会員の宿泊や休憩にも利用していただこうと思っています。小さな1軒家ですが、4畳半の畳部屋、6畳の板の間2部屋と、風呂、トイレ、キッチンスペースがあります。
藤岡の家
5年にわたる準備期間を終了し、私たちの農業は、事業として展開する第2ステージに入りました。先ずは6月の収穫まで、小麦の声をしっかりと聴き、無理せず、敵対せず、自分を甘やかさず、汗して耕し、販路を開拓し、仲間を増やして行こうと思います。

犬も歩けば何とやら。ふとしたことから、月刊誌の原稿依頼を受けました。毎日フォーラム4月号「日本の選択」p12“都市生活者参加型の新しい農業”と題して私の記事が掲載されました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/389-d5619472