FC2ブログ
5月23日(月)、夏時間となりました。

昼12時、車の外気温計が34℃を指すほどの猛暑でした。そこで今日から、昼休みを14時~14時半までと長めにとることになりました。“シエスタ”の付いた夏時間。炎天下無理に体力を消耗させず、休んで疲れた体を労り、午後の作業効率を落とさないための工夫です。

朝9時過ぎから30分程草を刈り、コンバインで収穫した大麦を軽トラに積んで乾燥機に運び、12時半まで2時間程、収穫を終えた畑で麦わらを束ね、昼休みを取った後市役所に行き用足しをして、15時に畑に戻り、草を刈り、畑に水やりをしました。

市役所に行く用事がありあまり長く休めませんでしたが、午後の仕事を2時間程ずらして始めたため、18時半前、仕事を終えて帰るときに未だ少々余力が残っていました。

帰り際に、7月のいつ頃までジャガイモの収穫が出来るか確認しようとしたところ、「今、掘ってみろ」と言われました。収穫は6月末~7月とこの間言ったじゃないかと思いつつ、言われるままに掘ってみると結構実が出来ていました。
我がジャガイモ畑
芋掘り前のキタアカリ 芋掘りしました_キタアカリ
「まぁまぁ、出来ているじゃないか」
「もう夏だよ。ジャガイモの成長気温を超えてしまったので、7月には弱ってしまう」

成程。人に聞くより、自分で掘って、見て、触って、考えろ、ということか。

2月末に種芋を植え、例年なら7月に収穫するものが、今年は5月下旬から出来るようになり、予定月にはもう食べられない。生育要因は、時々刻々変動する。日々感じ、観察分析確認し、考え、予測し、対処する。天地、風雨、寒暖に対して五体をフル稼働し、自分自身で判断し、自分でやるしかないのだ、と思い至りました。

経験則が全く通用せず、農家が困惑するほど、ここ数年気候変動が激しくなっているようです。「こんな筈じゃないのだが」とぶつぶつ言っているのは人間様だけで、環境の大きな変化の中でも、作物は寡黙に順応生育し、花を咲かせ、実をつけます。作物と同じ空気を吸い、同じ風に吹かれ、同じ陽光を浴び、同じ雨に打たれ、そして同じ風景となりたいものです。

カレンダーに縛られていると、何も出来ないな。
周囲の全てと、常に対話しなくては。

農業は、めちゃくちゃ面白いと思いました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/399-463a9707