FC2ブログ
6月18、19日と25、26日、二週に亘り土日計四日、田植をしました。

隣の田んぼで田植をしていたお婆さんから、声を掛けられました。

「随分きれいになったね~」
「疲れるだろ」
「田植は腰が痛いんだよ」

見知らぬ余所者を知らないからといって遣り過ごさず、私たちを励ましてくれたことを嬉しく思いました。下手くそが下手くそなりに田に命を与えようとしていることに対して、ちょっとした敬意を表してくれたのだと思います。

田植には、大別して2つの作業があります。苗取りと田んぼへの移植です。

苗取りというのは、苗床から、一本一本優しく苗を抜き取り、束ねていく作業です。これ、重労働です。腰を悪くした私たちには、大変キツイ作業でした。26日は、4畝程(20m×20mくらい)の私たちの小さな田んぼへの移植で、前日15、6束を作りましたが、私一人で5時間近く掛かってしまいました。
稲床 苗取り 川口 
片手で掴める程度の苗を抜き取ったら、麦わらを使って束に纏めます。5cm位余した麦わらの一端を親指で抑え、親指の上に持っていき苗を一周させてから、今度は親指の下を通しもう一周させ、親指のところで出来た輪に通して、最初に余した部分を引くと全体が締まり、束が固定されます。
苗束作り 親指で押さえ親指に巻く 苗束作り 麦わらで輪を作る
苗束作り 結び目出来上がり 稲の束
苗束を必要数作り、田んぼに運びます。

植える前に田んぼに水を引き、水量を増やしました。必要量の水を入れた後、入り口を塞ぎます。
土溝 田に水を引く
田に水を引く 田から見て 水を止める
日が照っているときは、日差しが弱まる午後3時過ぎから植えると、稲に良いと聞きました。

植える際、縦横、全て30cm間隔(“はったんころがし“という除草機を通すために必要な幅)で真っすぐに植えていきます。そのために、横は、畔と畔をロープで結び、ロープの真下に植えることで直線を可能にします。縦は畔に杭を打ち、棒を田んぼに浮かべ、目検で直線を取るようにしました。この方法が合理的か否かは議論の分かれるところだと思いますが、大勢が田んぼに入り、機動的かつ機能的な作業を行うための農村の知恵、と言えるでしょう。

田んぼは四角いのですが、正方形や長方形ではありません。畔が湾曲していたり、4方が直角となっていないため、直線を実現するために必要な垂直や平行を畔を基点に正しく確認出来ないのです。素人には、中々難しい作業でした。
僕らの田んぼ 田植前 僕らの田んぼの田植え
26日(日)は二人で移植をしましたが、午後1時から移植を始めて終わったのは7時過ぎでした(昼過ぎ曇ってきて日差しがきつく無くなったのと、今日中に作業が終わるか心配だったので早めに開始しました)。暗くなってしまったので、完成形を写真に収めることは出来ませんでした。

同日、東京の住まいに車で帰ってきましたが、運転中ずっと腰が痛かったです。

「田植は腰が痛いんだよ」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/403-43483460