FC2ブログ
8月28日(日)午後と29日(月)、草刈りをしました。

草刈り前 2 草刈り後
1週間のうちに雨の日があると、畑の風景が一変する程、草が生えることがあります。畑仕事をしていると「こんなに生えちゃうの。勘弁してよ」となる訳で、「この雑草ども!」とただただ憎々しげに思っていました。

最近、ヨーロッパとの比較において風土のことを尋ねられ、風土について考えるようになりました。簡単に言うと、ヨーロッパの自然は脆弱で日本の自然は強烈だから、ヨーロッパ人は自然を管理するものと捉え、日本人は真っ向から向かわずいなしながら恵みを享受する、というものです。

その真偽を問うことは擱くとしても、高温多湿の日本の夏には草がとんでもなくよく生えることは事実で、私が住んだことのあるロンドンでは、こんな力強い植物の力を見たことはありませんでした。

日本って、凄いな、と思うようになりました。

生態学者の高槻成紀は「『あとは野となれ山となれ』はすべきことをしないで放置し、なりゆきまかせにするいいかげんな態度のことや、そうなる状況のことをいう。『野』とは田畑が手入れされなくなって雑草や野草が伸びることをいい、『山』とは林のことである。これはつまり植生遷移の進行を表現したもので、つねに刈り取りをして農地を『野』や『山』にならないようにし続けた勤勉な日本の農民の言葉であるに違いない。おもしろいのは、それをいい加減な態度として批判的な意味に使うところにある。世界の多くの国でどれほど緑化のための努力がなされていることか」と書いています。

野にも山にもしない、というご先祖様の勤勉努力に敬意を表しまた感謝しつつも、野にも山にもなる、力強い生命の風土と最善の関係を構築する新たな未来を考えてみたいと思いました。

それは恐らく、排除せず、管理せず、リスクを受け流す、洪水はあるが災害としない、そんな大地と海洋とお天気との共生のような気がします。排除すれば、土地は痩せ、生物は死滅し、環境は貧困になります。堤防が決壊するように、立ち向かえば、想定外の力に敗れます。立ち向かうのではなく、上手に受け流す。日本人の本質とも言えるような“大きなリスクをも前提に置きながら許容し、生活への被害を最小化する”、そんなモデルだと思います。

清い水と緑の草と青い森。

大分汚してしまいましたが、未だ残っています。私たちは、とんでもない豊かさの中に生きているのだと思いませんか。

4月の半ば過ぎにトラクターで整地した畑の8月の様子
(ブログ「トラクターいただきました」「畑に居ると見えてくるものが、きっとある」参照)
一番大きな畑 草の伸びた大きな畑 2
耕した畑 草の伸びた畑
「この怠け者めが」とご先祖様の叱責を受けています
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/412-1fba3f61