FC2ブログ
9月24日(土)25日(日)、一人黙々と草を刈り、草を取りました。

24日終日と25日の7時から9時まで、16日(金)に手を付けて完了しなかった畑の草刈りと、更に遡る8月29日に途中まで刈ってそのままにしておいた畑の後始末をしました。
my 畑の草 草刈りを終えたmy畑
8月末刈れず半端に残った家の裏のmy畑の草 刈り終えた家の裏のmy畑
4時間と3時間の仕事量と見積もり、一日で終える想定でしたが、4時間の筈が5時間半、3時間の筈が4時間となり、24日中に終りませんでした。翌日は別の畑で仕事が予定されていたため、早めに朝食を取り、7時前に畑に行き、9時過ぎに何とか仕上げ、車で20分程離れている次の畑に移動し、ここは12時30分にクリアし、時間をキャッチアップ。午後の仕事も時間内にこなして、何とか辻褄を合わせることが出来ました。

25日の予定は、午前に大豆畑の草取り、午後は田んぼのヒエ取りでした。17時半、もう薄暗くなったところで、田んぼ1枚一抱え程のヒエを漸く取り終え、ぎりぎりセーフといった感じで、多少の達成感と極度の疲労を覚えながら、帰途に就きました。
 
見積もりの甘さ、作業能力の低さ、草刈り機の燃料消費の多さ、と生産管理と作業効率について反省しきりの二日間でしたが、エキストラの+2時間があったとは言え、予定作業を完了出来たことは、まあ、今の自分としては合格点かな、とも思います。

仕事をしながら思ったのですが、絶対効率のようなものがあって「お前は基準値以下なので不良品」みたいな考え方をする向きもあるのでしょうが、人の作業効率というものは、作業が、何故にそれをするのかという理由であり目的が先ずあって、それを達成するために行う行為と考えれば、資源・資材の無駄は困るものの、多少遅くても早くても構わない、作業時間・品質+α、と考えることなのではないかという気がしてきました。人は、機械のような、均質な労働資源では無いのですから。

以前農家の批判のようなものをお伝えしました(「田植考‐文化としての農業」参照)が、無農薬や古式農法を選択していることは、ある意味、効率=単位収量の最大化と投入コストの最小化、を度外視しているのですから、素人がひたすら汗水たらしてチンタラ作業しても別にいいじゃん、みたいな乱暴な話です。自己弁護、言い訳ではありますが、どうでしょうか。

効率という横軸に意味(何故するのか、しているのか)という縦軸を加味して、作業や仕事というものを見てみると、個々人の在り様に見合った相対効率みたいなもの、が発見できるかもしれません。

その相対効率を基に、全体成果を最大化する。

そんなマネジメントや組織が、求められているように思いました。
9月末の田んぼ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/417-6faa02bf