FC2ブログ
10月1日(土)終日、大豆畑の草刈り、2日(日)私たちの田んぼのヒエ取りと畔の草刈りをしました。

朝9時、20℃と大分涼しくなってきました。土曜は雨交じりの曇りで、日中の気温も上がりませんでした。日曜は晴れ、昼前後は暑くなりましたが、それでも車の車外温度計は28℃で、漸く夏の終わりを体が受け止められるようになりました。秋ですね。
実り穂が垂れ始めた我が田んぼの稲 畔に咲く彼岸花
私たちの田んぼの稲も実り、穂が垂れてきました。畔には、彼岸花が咲いています。

水を抜いた土堀の両脇の草を刈っていたら、とんでもない数の根を茎から歯ブラシのように生やしている草に出会いました。

生きるというのはこういうことなのだ、と思いました。自分の中にある、あらゆる力を呼び覚まし、出し切って初めて「生きています」と言えるのだろう、と。口先だけの自分を恥ずかしく思い、私よりはるかに立派に生きているその草たちを何だか申し訳なく感じながら刈り、畔の上に置きました。 
根だらけの雑草 茎から根を生やす雑草
その向こう側では、6月に小人のように小さかった時から花を咲かせ実をつけたオクラが、他の果菜は疾うに力を失った10月の今日、未だ元気に笑顔で、大地にしっかりと立っています。あんなに小さくて、ちゃんと育つのかなと心配したオクラです。20cmぐらいで茎も細かったのに、1mを超え茎も木のように固くがっしりとして、ちょっとの風には揺るぎません。逞しい生命力です。
6月初旬 10cm 程度のひ弱なオクラ 10月に未だ花を咲かせるオクラ

凄いな。植物って凄い。そう思いました。

土曜日、間違って草刈り機で切り落としてしまった二株の大豆を持ち帰りました。車に積むと、車内が青く柔らかくほんのりと甘い匂いに満たされ、豆の力に疲れた体が優しく包まれるように感じ、とても心地よかったです。
畑の大豆 枝豆
そして、鍋で茹で、生きる力をいただきました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/418-8017a008