FC2ブログ
10月最後の週末、私たちの小さな田んぼの稲刈りをしました。
稲刈り前の稲 左向き 稲刈り前の稲
苗間を作り、手植し、はったんころがしを転がして草を取り、テグスを張ってスズメの来襲に備え、初心者なりに面倒をみてきた稲です。半年を経て、黄金色に豊かに実りました。その美しく命に満ちた田は、人ひとり一日ほどで済む作業で土に戻りました。
10月初旬の田んぼ 晩秋 稲刈りで風景が変わる
稲刈りは、10月29日(土)午後から一人で始めました。夕刻までに終える予定でしたが、バインダーと呼ばれる稲刈機に異常が生じ果たせず、翌30日(日)朝9時から仲間と二人で再開し、お昼までには大方の作業を完了しました。稲木(いなぎ/いなき。稲掛け、稲架とも言われる、稲を天日干しにするために、田に杭打ちした支柱に横木を渡したもの)の長さが十分でなったので、はざ掛け(稲木に稲束を広げ掛けていくこと)を一旦中断し、午後、畑での別作業を優先させ、16時半ごろに再開し、日没直前に作業を完了しました。

作業の手順ですが、先ず、テグスを外します。これに結構、手間取ってしまいました。次に、四方をバインダーがターン出来るように手刈りし、バインダーで外から内へ、四辺をぐるぐる回りながら刈っていきます。手刈りした部分を刈り切ってしまうと直角に曲がり連続して刈ることが出来なくなるのですが、畔と稲とのスペースがターンに十分な広さになってくるので、中へ切り込んで長方形を二つ作り、長い方の二辺を刈るようにします。
稲刈り前の田んぼ 奥北隅 稲刈り準備 隅を鎌で刈る
バインダーで稲を刈る バインダー
稲を刈って出来たスペースに、木の杭を打ち込み、横木を紐で固定し稲木を組み(横木には竹を使いました)、上部が小さく下部が大きいX型の支えを数か所置き、より稲木が安定するように補強します。
袈裟懸けの準備
刈り取った稲は適度に紐で束ねられていますが、稲穂が絡まったりしているものもあるので、穂が全て一端にそろうように整え、作業スペースとして株3つ分ほど稲木から離し、並べていきます。
絡まった穂先を、稲束の先に揃うように、ほぐす 刈った稲を袈裟懸けに干す
並べた稲の束を、一段目は1対2に分けて稲束を広げ、二段目は1対1に分け、穂の根元を上穂先を下にして、一つ一つ稲木に掛け、穂の根元を叩いた後、支柱に押し付けるようにして横木に置いていきます。
干した稲
天日干しは、2週間が目安だと聞きました。後はのんびりと、時間とお天道様にお任せすることになります。
スポンサーサイト



コメント

タイの田舎ではバインダーとか脱穀機が無いので、日本に比べるとずいぶん質素です。耕耘機はそれなりに普及してますが、未だに牛を使っている所も多い。精米器は村に1つぐらいはありますが、私は足踏みシーソー式の精米をやってみたことがあります。
タイの陸稲育成を参考までに。
http://chi-mogu.hatenablog.com/entry/2016/10/31/232859
岡部さん、コメントありがとうございます。

リンク、拝読しました。
陸稲のようですが、タイでは、陸稲が主なのですか?
返事が遅れました。
タイは平野がほとんどで、そこでは電車に乗って窓の外を見ていると数時間もの間えんえんと水田が広がってます。
北タイには山があり、特に山岳民族と呼ばれる人達は陸稲を栽培している人が多いように思います。日本人の口には陸稲が合うそうです。
そうですよね。水稲ですよね。

日本人の口に陸稲が合うというのは、面白い。
日本の陸稲は、はっきり言って不味いです。
日本では、ご飯は温かくないと美味しくないものですよね。「冷や飯」って言葉が不味い飯を意味していることからも分かります。
一方、熱帯のタイでは暖かいご飯はありがたくない。米をパサパサにして熱を逃がし、おかずの汁と合わせやすいことを考えます。ですが、このパサパサの米が日本人にはウケが悪い。それは単に慣れと固定観念の問題なのですが。
で、北タイ山岳地帯はそれなりに寒かったりもするので、多少粘りけのある米を作ります。これが日本人の口に合いやすい理由。陸稲かどうかはあまり関係無いかもしれません。
ところ変われば品変わる、ですね。

ご飯といえばホカホカ、じゃないんですね。
バサバサのご飯は、汁気の多い副食物に合いそうな感じがします。

文化は風土が育む側面があるので、馴染みのないものや馴染んだものと対極にあるようなものには、なかなか慣れ親しむことは出来ないと思います。確かに、固定観念を振り払うべきですが。

よいお話を伺いました。ありがとうございます。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/421-f6091733