FC2ブログ
暖かく晴れた週末に、仲間3人とジャガイモを植えました。

4日(土)、午前と午後おおよそ1時間ずつ、昨年の夏は草茫々の暫く作付けされていなかった畑に、4人で談笑しながら、せっせとジャガイモを植えました。

3畝ほどの小さな畑なので、通常、耕運機で耕運し、畝幅70㎝ほどで種イモを植えていきますが、私たちは耕運機を持っていないので、昨年貰ったトラクタで耕した畝幅2m弱を利用して、幅広に植え付けました。今手元にあるものを使い出来ることをやる、私たち流の農業です。資産効率は高くありませんが、耕作してなんぼの農地、放置しておけば資産自体が劣化していくので、何もしないよりはいいでしょう。
2016年8月 北側の畑 2017年2月 北側の畑
種イモは、植える前に一月ほど陽に当て、発芽させます。しっかりとした芽が出ていれば、しっかりと育っていくというロジックです。
2月6日のイモ 3月4日のイモ
その種イモを半分に切って、腐敗防止のためのシリカを付けます。灰があればその方が良いのでしょうが、持ち合わせが無いため、市販品を使いました。

イモを切る前に、畝と畝の谷間の右側面をアサガキ(三角鍬)で後ずさりしながら削っておいて、多少深くなった底に、株間40㎝で切り口を上にして置いていきます。
イモを切る シリカを付ける
鶏糞を撒く 平鍬で土をかける
株間に発酵鶏糞を一つまみ撒き、最後に平鍬で左側の畝を崩し、5㎝ほど種イモに土を被せて、作業終了です。

お昼は、昨年収穫した小麦を使って焼いたパンに、ハム、タマゴ、ツナと新玉ねぎのスライス、コールスロー、レタスを載っけて、がぶりがぶりと食べました。
オープンサンド 楽しいお昼ごはん
のんびり、陽だまりでコーヒーをすすりながら、ゆったりと。

とっても気持ちのよい一日でした。

ところで、昨年はこんな感じでした。ブログ「麦ふみしました」をご参照ください。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/437-0cfb3208