FC2ブログ
11日(土)良く晴れた畑で、管理機を掛けました。
大分育ってきた小麦@田んぼ20170311 北側の小麦畑20170311
麦ふみを終え、麦が盛んに分けつ(分蘖:茎の根元から新しい茎が生まれ、その茎から次々に茎が増えていくこと)し始める頃、そろそろ他の草も活動を開始します。ぽつりぽつりと雑草が見え始めると、麦の間を浅く耕し草退治をします。
小麦に管理機を掛ける@田んぼ 深く管理機を掛け過ぎた小麦畑20170311
言われた通りの設定、速度2、正転・低、で動かしたはずなのですが、深く耕起し過ぎて小麦にかなり土が被ってしまいました。田んぼだった南側とその北側、畑2枚、1時間と1時間20分ほどで終わり、1日仕事の予定が半日で済み喜んでいましたが、被った土を払い除ける余計な修正を、当日夕刻2時間と翌日午前中3時間、行うことになってしまいした。

この時期土を被ると、分けつが妨げられてしまいす。草を退治して麦を助けようとした私の作業は、麦にしてみれば、成長の邪魔、迷惑行為だったわけです。

両手で土をかき分けかき分けしながら、とても侘しい気持ちで畑を這いつくばっていたら、テントウムシが優しく励ましてくれました。
孤立無援な私を応援してくれた、やはり一人のテントウムシ
上っ面で生きているから、ちょっとしたことで直ぐにしょげ、ちょっとしたことで不必要にはしゃいでしまう。すっくと生きている孤立無援のテントウムシに、倣おう。微笑みを返して、せっせと被った土を元に戻しました。

間違いに気付かなかった11日の午後は、気持ちよくトラクターに乗って、一番大きな2反程の畑を行ったり来たりしました。
大分真っすぐは取れるようになった20170311
のろのろと、ではありますが、練習の成果は出てきました。真っすぐ進むことが、なんとか出来るようになりました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/438-af39342d