FC2ブログ
6月10日(土)仲間二人と、ジャガイモを掘りました。

11時集合。夏のような日差しの中、せっせとイモ堀をしました。昼休憩までは、暑かったですね。休憩が終わる頃から雲が出てきて、風も吹き、午後は涼しくなりました。
芋を掘る 芋を箱に入れる川口
芋を掘る伊藤さん イモ掘りました
強い日差しが無くなると、作業は楽になりました。人が楽であることが植物にとって良いことなのか、疑問に思いながら、土をスコップで掘ってはイモを取り出し、また掘ってイモを取り出し、を何十回と繰り返しました。

作業をしていると、次々に疑問が湧いてきます。

ジャガイモの花は、何のために咲くのか。
ジャガイモの花
花は、実をつけるために咲くのだろう。ジャガイモは、地下に実をつける。咲く必要ないのではないか。

種イモは、何のためにあるのか。
固いイモ ぐちゃぐちゃの芋
種イモが固いまま残っていたり、ドロドロになっていたり、一様でない。芽が出て育つための養分を提供しているのだろうが、いつまで必要なのか。根が出た後は、土から養分を吸うのではないのか。

「分からないことばかりだ」「ジャガイモの生理を知る必要があるね」
仲間と疑問をぶつけ合いながら、芋掘りを続けました。

一人で黙々と作業していると、疑問は湧いてきますがそれを誰かにぶつけることは出来ません。仲間といると、解を得られないまでも、問答をすることで更に考えを深められ、解に向けての手順を探すことが可能となります。

私たちの目指している、考える農業、です。

ハーベスト
残念ながら、不作でした。大きさが昨年の2/3程度、数は1/2程度で、概ね1/3程度の作柄です。仲間の意見は、畑が変わったので土に力が無かった、ということです。作業を終えて、お世話になっている農家の畑を覗いてみると、ジャガイモの茎は倍以上に太く、イモも大きく出来ていました。

家に戻り、イモサラダを作りました。
じゃがいもサラダ
手前味噌ではありますが、美味しかった。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/448-f41438a6