FC2ブログ
社会的距離“social distancing”という言葉を聞くようになり、凄く嫌な言葉だな、と思っていました。

米国疾病予防管理センター(CDC : Centers for Disease Control and Prevention)によると、自宅から外に出た場合、以下のことをしないことだそうです:
 ・6feet≒1.8メートル(だいたい二人分の腕の長さ)他者と間隔を取る
 ・集団行動をしない
 ・混雑した場所を避ける
身体的距離“physical distancing”とも言う、と書かれています。
世界保健機関(WHO : World Health Organization)は、身体的距離(physical distancing)のみ使用していて「少なくとも1メートル(3feet)空ける」ように推奨しています。

日本ではつい最近、“新しい生活様式“なるものが厚生労働省HPに公表されました。
そこに、「身体的距離の確保」が感染防止の3つの基本の一つとして挙げられ、以下のことが書かれています:
「人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)空ける」
「会話をする際は、可能な限り真正面を避ける」
更に、食事は「対面でなく横並び」で「料理に集中、おしゃべりは控えめに」とあります。

“新しい生活様式“が、今より後社会はそうあるべきだ、あるいは、日本国居住者はそうしなければいけない、なのか、日本国民であればそうしろ、というのか、何を意味するのか分かりませんが、通勤通学電車内では先ず実現不可能なこと、なのは分かります。

何故、現状不可能なことを“生活様式“として、敢えて公表するのでしょうか。
満員電車を本気で無くそうと思っているのでしょうか。それは無いでしょうね。

国との距離感がありすぎて、どうにもならない気がしています。国とコミュニケーションが取れない。
自由な市民社会においては、“生活様式“は個々人が探し求め、生活の中で作っていくものだと思いますが、如何でしょうか。

仁坂和歌山県知事や鈴木北海道知事の果断、迅速な対応や、その後の知事たちと国務大臣の遣り取りを見ていると、よりコミュニティーに近い、分散型の政治・行政システムに移行していくのかもしれない、と思います。

話が横道にそれてしまったので、戻します。
「社会的距離の確保」
他のお客様との間隔をあけてください280×300
腕の長さ二人分間隔を空けることと、向かい合い(目を真っすぐ見ながら)話をしないこと、この2つを行動指針にすることは、私には、人間の社会を否定することと同義に感じられます。皆さんは、どう思われますか。

クラブ(私たちの世代では、ディスコ)で、熱気に熱気が乗数的に呼応しうねっていく、踊り、叫び、陶酔していく時間や、スタジアムで肩を組み、歌い、ゴールに喚起する、あの爆発的な歓喜を失うことができるのでしょうか。

人が集うことは人の必然だと、私は思っています。人は集うもの、だと。
変な言い方ですが、人間とは、飛沫を撒き散らしそれを浴びる生物、ではないでしょうか。

コロナウイルスとの闘いに勝って、風邪同様、またかかっちゃった、と殆ど気にせず生活できるようになるかもしれませんが、新しいウイルスは次から次へとやって来るらしいので、ウイルスとは共存していかなければならないようです。だとすると、「社会的距離の確保」が少なくとも間歇的に、ひょっとすると常態化した、人間社会の生活様式となることには耐えられないような気がします。

杉浦直樹のMONSTERの中で、ひどく印象に残った人の景色があります。テンマに助けられたある組織の大ボスが、エヴァと自宅の庭で食事をしている時「食卓だな」とポツリと言う一場面です。人生は「食卓」のためにあると。
そういえば、あの素敵な映画「バヴェットの晩餐会」も食卓の話でした。

2m間隔10人横一列の無言の食事、などまっぴらごめんです。
収穫祭の食卓 バーベキューの料理人たち
私たちは、リスクの中を生きています。リスクゼロに囚われ、フェースガード着用の日常に向けて一歩踏み出すことは避けたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/452-91ec0da9