FC2ブログ
区画整理を行った農地の畔や用水、道路際の草刈りをしています。

熟練を要する農作業は無理だけれど草刈りなら出来るだろうと、農家の方と話して始めた作業ですが、中々思うようにはいきません。「土を削るな」「石に刃を当てるな」と言われるとどうしても刃先が上がってしまい、刈残しが増えてしまいます。すると「刈り方が雑だ」と言われます。正直どうしてよいか分からなくなり「草刈りも出来ないのか」と、どん詰まってしまいました。
用水路の草刈り前_20200503 用水路の草刈り後_20200503
「駄目だ。辞めろ」と言われるまで兎に角続けようと、一人朝から夕方まで丸1日、草を刈りました。
石を拾った区画の道路側草刈り前_20200617 石を拾った区画の道路側草刈り後_20200617
行き帰りの回数は増えますが、狭い範囲をゆっくりと少しずつ刈りました。水路と車道の間に段差がある場所です(写真上)。先ず右水路際を10cmほど残して左段差の手前まで刈り、折り返しは段差を上から下に刈り、2巡目水路際を丁寧に刈り取った後、復路で道路から段差が始まる部分をゆっくりと刈り取りました。すると「良く刈れている。あれなら、任せられる」と言われ、漸く、少しばかりですが安堵しました。

たかが草刈りですが、未だ悩みは尽きません。そんなことで悩んでどうする?自分を笑うしかない日々が続いていますが、当面は場数を踏んで自分なりに精度を上げ「草刈りは出来ます」と、苦情無く仕事を請け負えるようになりたいと思っています。
2カ月前に刈った草がこんなに伸びて_20200701 用水路を残して草刈りをした後_20200701
草刈り、という“必要”に誰かが対処しなくてはいけないその誰かに、自分がなる。どうでもいいことかもしれませんが、それって、案外意義深いことではないかと。不要ではなく、あったらいいなでもなく、必要、なのですから。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/457-61b71b78