FC2ブログ
昨日8月29日、草刈りをしました。朝7時から3時間、体の消耗が激しかったので1時間木陰で休憩し、12時半まで用水路に垂れ下がった草を引き上げ、昼食休憩後、1時半から5時前まで、また草刈りをしました。
アブラゼミ 蛾と木陰で人休み
草刈りは、単純作業です。刈払機を右から左に動かし草を刈る、その動作の反復です。言うは易いのですが、体に負担を掛けないようにしながら機械を操ることは容易ではありません。また、地面ぎりぎりのところを綺麗に刈り取っていくことは、中々難しいものです。地面はでこぼこしていて、それに合わせて刃をスライドさせなくてはなりませんし、石があれば避けて草を刈らなければなりません。

「ここの草刈って」「水路に垂れ下がった草引き上げておいて」という指示の中には、指示者の技量と経験を基にした、所要時間と仕上がり、が想定として含まれています。

昨日のケースでは、草の引き上げと3時くらいまでの草刈りを午前中で終わらせることが、指示者の想定であったと思われます。作業能力が低いということもありますが、水路を塞ぐ恐れのある垂れた草の主だったもののみ引き上げ、時間を掛けず目的を達成すべきところを、小さなものも引き上げたり水路の中まで綺麗にしたりと余計なことをして、時間を浪費したようです。

管理は、時間との戦いです。

指示者の想定を逸脱する作業者の振る舞いは、スケジュールの遅延や作業のやり直し、費用の増大に結果します。

技量の差があると、作業過程や想定結果の共有は難しいものです。しかしながら、ビジョンの共有が図れなければ、仕事にならないのも事実です。

どうしたら、意に沿った仕事ができるかな?

帰路、アクセルを踏む右足がつりそうになりながら、答えの見えない問を問い続けました。
用水路のタニシ? 蛇の抜け殻
用水路では、貝が気持ちよさそうに水浴びをしていました。蛇は脱皮して、多分近くにいたのでしょう。草刈り一つに齷齪している人間様の直ぐ傍で、それぞれの時間が流れているようです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/464-0dcc3258