FC2ブログ
加賀山卓朗訳オリヴァー・ツイストを読みました。
オリヴァー・ツイスト切り取り
正直何の話なのかよく分かりませんでしたが、産業革命が生み出した人々の暮らしについて、何となく理解できたように思います。小説なので当時の生活そのままが書かれてはいないでしょうが、大英帝国の絶頂期だったいうヴィクトリア朝のイングランドにおいての富者と貧者の落差は、書かれていたようなものだったと理解してよいと思っています。

今その貧者は、どこに行ったのか。

疑問に思いました。シャーロックホームズにも阿片窟や貧民街が出てきますが、どのような経緯でロンドンは今のロンドン(といっても住んでいたのが30年近くも前で最後に訪れたのは15年程前のことですが、貧民街は無かったと記憶しています)になったのか。

国家が衰えていくに従って、国内の富の配分に変化が起こったのでしょうか。
それとも、大きな戦争が無ければ、生活に変化は起こらなかったのでしょうか。
あるいは、
別の国の誰かが、イングランドの貧者の地位を引き受けたということなのでしょうか。

もう一つ疑問。“ユダヤ人”という言葉がそこここにやたらと出てきますが、悪しき者、邪悪な輩としての“ユダヤ人”という観念は、今どうなっているのか。

プリーモ・レーヴィやハンナ・アーレントに接して、アウシュビッツ等で起こったことが個別特殊な問題でなく、普遍的な課題として捉えるべきだと考えるようになってから、日本に生まれた自分には理解が難しいのですが、自分の問題として考えようとしています。

建て前は措いて、差別が拠って来るところの階層的な思考から逃れる術はないのか、解を見つけたいと改めて思いました。

オリヴァーはローズやブラウンロー氏と幸福な暮らしを得て、話としてはハッピーエンドなのかもしれませんが、残念ながら読者はハッピーにはなれませんでした。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/480-11e5eef4