FC2ブログ
9日に引き続き11日、圃場整備地の石拾いをしました。
11日に拾った石
20m×15m(憶測ですが)の方形に整備された、30aの圃場を行ったり来たり4時間近く歩いて、ゴミと石を拾い集めました。9時から12時まで3時間休みなく、少し歩いてはしゃがんでまた歩きしゃがむという実に単調な軽作業を繰り返していました。2時間ほどすると体がみるみる重くなり、昼休憩前にはへとへとに疲れました。
圃場で集めたプラゴミ
もう駄目かと思いきや、用意したサンドイッチを頬張ると不思議と体が軽くなり、13時から17時まで、午前中の続きを1時間と拾った石を集め路端に運ぶ作業を3時間、何とか作業を続けられました。

それにしても、圃場整備とは一体何なのか、考えてしまいます。
9日に拾った石
元河原であったため石がある程度含まれるのは致し方ないとしても、トラクターの刃が壊れてしまうほどの1辺が20cmから30cmもある石がやたらと埋められている土では、圃場とは言えないような気がします。土地を渡された農家は悲惨で、刃が壊れる、場合によっては電子制御装置がイカレテしまうリスクを抱え、少なくとも数回、整備地をトラクターで掘り起こし石を除かなくてはなりません。
縦横20cmを超える石
整備地を開墾とは矛盾ですが、人が人の通りにするために土地を開き、均す、開墾というのは、こんなことなのだろうと思いました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/494-6ad7fa27