FC2ブログ
美とは、残酷なものだと思っていました。

相対的なものであれ絶対的なものであれ、美しくないとして切り捨てられるものは必ず存在します。嫌悪の情とともに。

しかし、それは表面的なことなのかもしれないと考えるようになりました。フランシス・ベーコンの美についての定義「優れた美で、釣り合いのなかに異様なところ(ストレンジネス)のないものはない」を知ったからです。

美には、その根底に真実のコアのようなものが隠されていて、一瞬にして非日常を照らし出し、心を揺さぶる、奥深い輝きがあるのでしょう。

心を磨き鍛えていないと、美を前にして、美に出会うことはできなかった。輝きに気付くことができなかったようです。

青森でいただいたヤーコ(アンデス芋)を天婦羅にしてみました。シャキシャキしていて甘く、美味しかったです。
ヤーコ_091122-2
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/62-5def389a