FC2ブログ
布施明が、こんなことを言っていました。

「心はどんどん動かなくなる。きれいな物にはたぶんトゲがある、と身構える。ダム湖に沈む夕日を見てもこのすばらしい景色の裏には利権があるかも、と考えてしまう。でも不思議と、若いころに戻りたい、とは思わないんだ。」

私は、未だに自分が小学生であるように錯覚する時があります。当然錯覚で、みずみずしい感性はそこになく、子どもでありたいというある種強迫観念のようなものが怨念のようにこびりついているだけなのでしょうが。

大人になりたくないんです。いつも仮面をかぶり、世の中きれいごとじゃ通らないと自分に嘘ばかりついて目先の利害に終始し、自分より弱い人たちを攻撃することで保身している、心を失った大人というものに。

トゲに刺されたら、にっこり笑って指をしゃぶって。それじゃいけませんか。

かぼちゃを頂いたので、ほうとうをイメージして味噌仕立ての水餃子を作ってみました。
味噌したて水餃子_20100214 全体
スポンサーサイト



コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
> みんな大人になりたくないですよ。
>
> 子供の前では大人のふりもしないとならないし・・・
>
> 私の大好きな人(長沢 節氏)は死ぬまで少年でした。

”ふり”は、見抜かれてしまうと思います。

子供も、子供のふりをしているのかもしれません。

みんなが肩の力を抜いて、隙だらけでいればいいのに、と思います。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/75-8e3dc383