FC2ブログ
一時世の中を騒がせた、国母選手のオリンピックは終わりました。

ネクタイを緩めて、制服のズボンを下げて歩いている高校生はどこにでもいます。国母選手にとっては、ごく普通の行動だったのかもしれません。国を代表(represent)する者として相応しくないと凶弾され、開会式に出られなかったスノーボーダーは、その意味で、今の日本をrepresent(表象)しているように思います。

制服のズボンを下げて歩くことが良くないことならば、日常において正さなくてはいけないはずです。これは当人たちよりも、むしろただ見ている私たち自身の問題ではないでしょうか。だらしない若者だと切り捨てる前に、私たちにはすべきことがあり、また責任があります。国母選手個人の引き起こした騒動ではありますが、実は私たち自身が自らを省みなくてはいけない事柄のように思います。

そして、外から圧力が加わると直ぐに身内に手を挙げ、ひたすら詫びてその場を遣り過ごそうとする卑しい奴隷根性を捨て、普段は内に厳しく、批判を受けたら身内を庇い、背筋を正していたいものです。

先週に引き続き、かぼちゃです。シンプルに醤油とみりんで味付。
かぼちゃ_20100221 5
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/76-6c4d587b