FC2ブログ
病人の状態も安定したので、久しぶりに一日かけてちょっと遠出をしました。

茨城の八郷。

幾つか農家を訪問し、お話を伺いました。農業に縁のない私には、知らなかったことばかり。きゅうりをかぼちゃの根株に接ぎ木することや、1本収穫したらまた横に芽が伸び実がなり、幾らでも獲れること。トマトは水をぎりぎりまで与えないで、渇きに耐えさせると甘みが増すこと、等々。

研修用の有機野菜農場で働いている20代後半でしょうか、東京から移住された若い夫婦が「夜もよく眠れるし、知的でかつ体を動かせる素晴らしい生活の場」だと、笑顔でおっしゃっていました。その笑顔が、とても素敵でした。

畑で「有機だから、そのまま食べられます。どうぞ」と言われ、ちぎってその場でいただいた小松菜が、めちゃくちゃおいしかった。

若い人たちの笑顔に接して、、確実に未来はある、と感じました。

子供が焼いたクッキー。私のためではないけれども、自ら作っていることを嬉しく思います。
クッキー_20100314 2
スポンサーサイト



コメント

余裕が出たようで何よりですね。
拍手はお嬢さんにさせていただきました。

緊急手当てが終わった直後、親しい人は呼んでおけと医者から言われていましたので、まず退院は無理だと覚悟を決めました。ところが、医者も驚くほど術後の回復は順調なので、大分前に申し込んでおいた農家ツアーに行ってきました。

子供への拍手、ありがとうございます。

どんなものでも、何かに働きかけて作っていくことが大事だと思っています。日常のそうした小さな作業に触れると、心が安らぎます。未来は、ある。まだまだ、大丈夫だと。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/79-979c0ac3