FC2ブログ
書き始めて1年半。ブログタイトルについて、ちょっと考えてみました。

きっかけは、公害は企業倫理の問題だとされているが、むしろ個人の倫理の問題として考えるべきものではないか、という小論を読んだことでした。

ラファルグによれば、労働者は大量消費者として位置づけられ強制される、即ち、欲望を刺激され、自発的に買い続け、そして捨て続ける。公害は、まさに資本主義段階の現象だと。

すると、自然的環境に対する人間の力の必然的限界をわきまえた倫理とは何か、私たちはどのように生活すべきか、が問題となってきます。

最近、農業に関心を持ち、すこし活動しています。

土から命を育み、私たちの生きる糧とする農業。農業もまた、資本主義の毒牙に苛まされていますが、ラファルグの問題提起に沿って何が出来るのかを考えています。

大手町のマルシェで買った、無農薬のとまと。小さな穴は美味しさの証拠。
糖分が中から弾けてくるんですって。
無農薬とまと_20100502 5
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/87-77113bbd