FC2ブログ
昨日は揚げだし豆腐の材料を買いに出た他は一日家にいて、子供に薦められた漫画を読んで過ごしました。昼は、「ディー・グレイマン」、夜は「結界師」。

敵か見方か、白か黒か。光か闇か、神か悪魔かの二項対立。そして戦闘。二者の対立の中にあって、ディー・グレイマンの主人公アレンは一方の組織に属し仲間を得、敵と激しく戦いながら両者を開放、救済するという極めて困難な目的を自らに課し、目的を貫こうと生きていくことで人として成長し、また戦士として強くなっていく。

プルードンは、「人々はどこまでも矛盾とともに生きることを覚悟しなければならない。」と言っています。不可能を可能にしようとする不断の努力が、思考するということの人生における意味であり、生を充実する極めて有効な方法であるように思います。考え、行動し、そして結果を引き受ける。良くても、悪くても。E・Fシューマッハーも言っています。「一見排斥しあう二つのことが人が生きていくうえで必要なことがわかる。・・・人間には二重の要請がある・・・人生の一切の問題にはただ一つの答えはありえない。」

子供と漫画談義をしながら一緒にパイを作ろうと思ったのですが、揚げだし豆腐を食べながら日本酒を飲んでいたらいい気持ちになって、先に進めませんでした(ダメな奴)。

写真_090107_七草かゆ_リサイズ2
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/9-2a162a4e