FC2ブログ
サッカーワールドカップ、ブラジルとオランダの試合を見ました。

大会前の評判通り、誰しもが世界最強と認めていたブラジルが敗れ、守備と秩序を徹底した新生CORAZON(ブラジルチームの愛称)というドゥンガのプロジェクトは、結果を残すことができませんでした。

ブラジルとオランダの試合は、現代サッカーの全てが凝縮された世界最高レベルの闘いだったと思います。最高の技術と技術がぶつかり合う中で、相手の精神力を消耗させる駆け引きが随所にあり、あらゆる局面で個々人が、そしてチームとして自分たちを最後までコントロールした者が勝者となりました。チーム力に勝り先制したブラジルが、形の作れなかったオランダに追いつかれ、そのワンプレーでブラジルは自制心を失い、敗れてしまいました。

オランダは久しく内紛が続き、強い個性を組織として生かすことが出来ずにいましたが、今オランダは強いチームとして勝ち残っています。

局面を変える強い個と献身が求められるチームとの二律を、如何に勝利に向けて収斂させるか。90分の中に、現実解があります。

我が家の餃子は水餃子。日曜日、家族4人分、100個作りました。
水餃子_20100705 5
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/96-f3953a0d